プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 2015年05月25日



診察・カウンセリングを受けられる際の注意事項なんですが、初診の方で、た~くさん聞かれたいことがあるのは、よくわかりますが、お取りしている枠に限りがありますから、そんなたくさんのことを全部聞く、というのは無理です。

例えば、シミも、うちの取り扱っている化粧品の説明も、今使っている化粧品を見てほしい、髪の毛も、サプリメントや栄養療法のこと、ついでにトゥルースカルプやダイエットのことも、などなど、ここまで盛りだくさんでは、これ、最低でも5時間以上はかかります。

シミがらみで、うちの化粧品についてとか、今使っておられる化粧品のことに触れることもありますが、基本は、スキンケアの話とからめて、シミの治療とシミに対しての自宅でのホームケアの話になりますから、これだけでも1時間でも足りません。

なので、その方がどうしたいのか(予約時点での)で、話を進めていきます。

特に、その日にできれば処置ご希望となると、もちろんその後の時間は空いていないとダメですが、治療の話もしっかりしておかないと、お金を払うわけですので、いい加減ではいけません。

また、病気をお持ちの方・検診で引っかかった・薬を飲んでいるなどとあると、その説明もしないといけないことがあり(治療に絡んでくることがあるので)、その経過を聴いて確認するだけでも時間がかかります。

頭の中でまとめて来られている方や、普段からブログを結構読んでおられる方の場合は、スムーズにいくので、説明が早く進めば、他のことの話までいきますが、まあ、なかなか全員の方がそうはいきません。

たくさんの情報を与えたほうがいいのかなと、私はほとんどしゃべっりぱなしですが、途中で、話を飛ばす方がいらっしゃって、飛ばしたければ飛ばしていいんですが、そこで話は全然別の方向に行きますから、さっきの話、まだ途中ですけど、話を変えますか?と聞くと、時々、変えます、という方がいらっしゃいます。

もちろん、さっきの話はまだ終わっていないので、その処置をやりたいと、カウンセ後に言われても、説明が済んでいないので、できません、というか、やりません。

そういう方は、あちこち飛ばすだけ飛ばして、まさに抜粋したように思っていらっしゃるかもしれませんが、全てが中途半端で、前後の話も聞かずに、そこだけ聞いても、何も身につきません。ベースがあれば、「抜粋」でもいいんですけど。

カウンセ内容がかなり濃いし、ブログを読んでいない方からすれば、寝耳に水というか、初めて聞く話ばかりで、ちょっとカルチャーショックというか、パニックというか、今までいいと思ってされたきたことを、下手すると180度全否定になりますから(ここまで否定される方も珍しいですが。。)、なかなか受け入れられるのに時間がかかるようで、そこでちょっとフリーズされるのか、1個1個、話が止まっていきます。

これでは、時間がいくらあっても足りませんわな。。。

なので、あらかじめ、ブログ内の関係していそうなところはさかのぼって読んでおかれると、とてもいいんですが、予約時に言っても、読まない方も、稀にいます。

カルチャーショックを受けても、スっと入る方は、パッと切り替えられるのでいいんですが、そりゃまあ無理な方もいて、頭が飽和状態というか、もう情報漏れているし。。。処理能力を超えたようです。。

そういう方が、スキンケアは聞くは、ヘアケアは聞くわ、サプリや健康相談などなど、分野が違うことをたくさん聞かれても、ますます飽和がひどいことに。。

診察・カウンセが終わって、時間もあって、処置をするこになれば、処置は全部私がするので、処置中にも、さっき足りなかったところを説明はできますが、どんな処置をされるかで、時間が全然変わって来ますかから、短い処置だと、説明する時間も短くなります。全部は無理です。。

長い時間のかかる処置であれば、その間もたくさん聞けるので、そういう意味では、ラッキーですね。

例えば、タイタン・ジェネシスとか、肝斑セットとか。。

初めての場合、聞かれたいことをまとめておく、というのは、とていいことですよ。頭の中が整理できますし。。

再診の方であれば、今までの話もいろいろ聞いて来られたわけですから、何回かした話であれば、短い処置中に十分話は終わるでしょうけど、カウンセ自体が長そうな内容であれば、時間が足りません。

その場合、もっと説明が聞きたいとなると、カウンセ時間を別にとって(カウンセ代がかかります)、となります。

また、再診の方で、予約時の電話では何も言っていなかったのに、肌なり体に変化があって、その説明をしておかないといけないとなると、必然的に、お金を払っていらっしゃる処置に対して、説明をしないといけません。でなにとお金を払った意味がないですから。

その中で、他に聞きたいことが山ほどある(これも電話でおっしゃっていない)と、そりゃ、これも無理でしょう~、となります。

初診・再診に関わらず、時間が限られていますので、お一人に、診察・カウンセリングに3時間も4時間も取っていませんから、できるだけブログ内を検察して、先じ読んでおかれたほうがいいですし、お電話時など、あらかじめてお教えください。

1 / 11