プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 2015年05月30日



抗加齢医学会総会、2日目。

いや~、やっぱり今日来て良かったです~。たくさんの新しいことを知ることができました。良かった、良かった♪

朝早かったのと、お昼に出たお弁当のおにぎりを食べてしまったので、ちょっとだけ、ホントにちょっとだけね、途中で寝てしまった。。。うう。。。ああああ===-=午後からのは、ひとつの演題をまるまる寝てしまったのは、痛かった。。恐るべし、糖質!眠気に抗えませんでした。

今日の商業展示で、付き合いのある業者さんを回っていたら、私のブログを見た、一般の方やドクターからの問い合わせやご購入があったそうで、良かったです~。

(私に、何かマージンが入るとか、そんなことは何もありません。)

声をかけてくださったドクターもいらっしゃって、とても嬉しかったです! 私も励みになります!

私のブログが、みなさんのなにかしらお役に立てたのであれば、幸いです。

いわゆる、たくさんの敏感肌用、とうたっているような化粧品等があります。サプリもしかり。

でも、その中で、本当に良心的な企業や中身も良心的なものとなると、ホントにちょっとです。

また、個人個人によって、合う合わないもありますし、もちろん好き嫌いの好みも、値段もいろいろなわけですから、選択肢は多いほうがいいと思います。

選択肢も、10個も20個もあったら迷いますが、2~3個とか、せめて5種類くらいの中からだったら、選びやすいでしょうし、それくらいの種類があったら、大体の方をカバーできるのでは?と思います。

シンプルに、保湿オンリー、です。美白もアンチエジングもニキビとかのおまけはなしです。

化粧品ですが、例えば、レチノール商品のオバジやナビジョンのシリーズやアンチエジングのエビーゼなどは、お肌の状況によったら、今はまだ止めておきましょうと、私は言う時もありますし、使ってもいいですけど、合うかどうかは使ってみないとわかりませんよ、という時もあるし、良かったら一度使ってみては?はと積極的におススメする場合など、それは人それぞれです。

何かしら、「効果」を求めるモノは、、リスクというか、敏感肌用ではないため、やはり基本は健康な肌(そこまでいかなくても、大きなトラブルのない方)用です。今、炎症がある方には、薬ではないので、勧めないことが多いです。

(ごく一部に例外あり。それは、商品や状況によります。)

いわゆる、低刺激用、敏感肌用となると、別に敏感肌じゃなくても、誰でも使っていただけるので(合う合わないは、別の話です)、あとは好みの問題ですから、もうちょっと種類は欲しいところです。

先日、資生堂の方(開発のほうです)とお話しした時に、こんな化粧品が欲しい~っ!と私の要望も好き勝手にお伝えしました。

ま、一消費者の一意見です。

できたらいいな~。

ついでに、忘れていた商品が話題に上がり、おお!そうだったっ!と、再認識!

(また、ご紹介します。)

化粧品の開発って、真剣にやればやるほど、お金がかかります。規模もある程度要ります。

だって、いろいろと実験しないといけませんからね。

規模(実験施設とか)のないところであれば、どこかの別の機関に、それをお願いしないといけません。大変です。

できと~に、混ぜたらOK!というものではありません。もちろん、法律の問題もあります。

てきと~で、刺激なく、というなら、ワセリン塗るか、精製水にてきと~にグリセリンでもちょっと混ぜておけば、すっごく安くで自分で作れるわけです。

でも、そんなの、みなさん、イヤですよね。使い心地とか、保湿力とか。。いくら、刺激が少ないと言っても、ね~。

やはり、餅や餅屋、です。プロが作ったものに勝てるわけがありません。

企業が作る以上、どこでもそうですが、コストを考えないと、企業は潰れますから、原価率や販売戦略も大事ですが、やっぱり、本当にいい商品やいい企業が生き残ってほしいな~。あやしい企業が、すごく儲かって、消費者をだましまくって、使っている人は肌(体)ボロボロ。。ムダ使いでした。。では、行けないと思います!

本物のドクターズコスメって、開発に携わるドクターの知識などって、ハンパないと思います。(本物ね。ほ・ん・も・の!)

メーカーに、「こんな感じで~。お願いしま~す。」って言って丸投げで、クリニックのシールを作ってもらって貼って、オリジナル化粧品、としているのとは、わけが違います。

ドクターズコスメに関わらず、手間暇かけた本当にいい商品と、てきと~な商品と、どの世界でもありますよね。

全部がてきと~になってしまったら、日本は滅びてしまいますよ~。消費者が踊らされることなく、良いモノを選んでほしいです。

そりゃ、添加物ゼロのモノなんて存在はしないんですが、イメージで買うのは止めましょうよ。そして、根拠も何もない、お金でどうにでもなるような宣伝(テレビ・雑誌・ネットなど)を真に受けて買うようなことをしている限り、そういう悪徳企業は、いくらでも出てきます。

ホントにいい企業って、そんな、消費者が飛びつくような、都合だけがいいような、イメージだけの商品って、あんまり作りません。

品質が落ちますからね。それなりの、ブランドによっても違うでしょうけど。

なので、いい企業は、そういう世間の変な嵐に巻き込まれないようにしてほしいな~。でないと、自分が買いたい時に、まともなところがないっ!ってなっちゃいますもの。困るのは、自分になるんです。

なので、皆さんも、化粧品でも、サプリでも、買う時は、ちゃんと選んでください。

ドラっグストアで、店頭山盛りになっていたから、と、名前すらも憶えていないような商品を使うのは止めましょう。

安いなら、安くても、ちゃんとこだわって買う! 名前くらい、わかって買いましょう。

てきと=に買って、てきと~に使っていたら、肌も体も、てきと~になっちゃいますよ。

(ホントにいいものが、そんな安い値段で買えるわけはないんですが。。冷静に考えましょう。ただ、純石けんのように例外はあります。)

お肌が健康になれば、そこまで行かなくても、ある程度元気になれば、いろんな次のステップがあります。好きな時に好きなことができます。

そこが大事です。

ベースがないのに、いきなり応用したって、無理なだけです。

特に、肌のアンチエイジング関係をしたい方は、まず先に、お肌の健康を!!

1 / 11